本文へスキップ

ネットワーク部材専門の通販サイト

メールでのお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせは03-5497-7021

LAN・光の基礎知識-LAN(光)編

第2回: 光パッチコード・光コネクタ

光パッチコード

第1回で述べたように、光ファイバコードにコネクタを取り付けたものが、「光パッチコード」です。
主にキャビネットや光成端箱(スプラシスボックス)で使用されます。
光パッチコードは心数で3種類に分類できます。


シングルモード(SM)/単心

@単心
 *写真は片端コネクタなし


2心(メガネ型)

A2心(メガネ型)
 2心平型ケーブル(第3回参照)と区別するため、2心メガネ型と呼ぶ
 ことが多いです。


4心(テープ)

B4心(テープ)
 「FO(Fan-Out)コード」として使用することが多いです。
 片端はコネクタ付、もう一方の片端にはコネクタがないコードです。


光パッチコード選択の際には、さらに3項目の情報が必要です。

・モード⇒

第1回参照
コードの色は、メーカーによって違うこともありますが、
SMが黄色、OM1が橙色、OM2が若草、OM3・4がアクアです。

・長さ⇒

弊社の場合、1-5mであれば即納できるものが多いです。
モード等によっては30mまであります。

・光コネクタ ⇒

下記参照
両端に付けるか、片端だけにつけるかの選択が可能
片端SC、片端LCといった組み合わせも可能


光コネクタ

種類 フェルール径 ハウジング 特徴
SC 2.5mm プラスチック プッシュプル型 LANの世界標準
LC 1.25mm プラスチック プッシュプル型 小型で高密度実装が可能
MU 1.25mm プラスチック プッシュプル型 小型で高密度実装が可能
FC 2.5mm 金属 ネジ締め型 測定器等で使用される

一般的なLAN工事で使用されるのは、SCとLCがほとんどです。
そのため、光パッチコードで在庫があるのはSCとLCが付いたもののみです。
他のコネクタの場合は、受注生産となります。

研磨

光ファイバの先端は、接続の際に光ファイバ同士が隙間なく接続できるよう「研磨」が施されております。
下記に代表的なもののみ取り上げます。


種類 対象 特徴
PC マルチモード 先端を球面状に研磨
SPC シングルモード PC研磨後に、低反射研磨
APC 海外映像機器等 先端を斜め球面状に研磨

PC/SPC研磨



PC/SPC研磨

*岡野電線カタログより


APC研磨



APC研磨

*岡野電線カタログより


ご指定がない限り、マルチモードはPC研磨、シングルモードはSPC研磨です。
見積書等でも記載しないことが多いです。
それ以外の研磨ご指定の場合、在庫はないため、納期・価格が変わります。


<参照>






営業日カレンダー


ネットシステム株式会社

〒201-0004
東京都狛江市岩戸北3-11-7 
(日東綜業工業団地11号館)
TEL.03-5497-7021
FAX.03-5497-7022

営業日 平日.月曜日〜金曜日 
(AM9:00〜PM6:00)
netsystem@ns-jpn.co.jp