本文へスキップ

ネットワーク部材専門の通販サイト

メールでのお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせは03-5497-7021

LAN・光の基礎知識-LAN(メタル)編

第6回: さまざまなLANケーブル

LANケーブル

これまで、@STPとUTPによる違い、Aカテゴリーによる違い、
B単線とより線による違いを見てきました。
上記は基本的な分類ですが、それ以外にもさまざまな特徴を持つ
ケーブルがあります。


1 メガネ(マルチライン)

メガネ(マルチライン)

通常のLANケーブルがメガネ型に2本くっついたものです。



2 インナーシース

インナーシース

通常のLANケーブルを複数本(3〜6本)束ねて1本にしたものです。
1本ずつ敷設するよりも作業効率が向上します。



3 フラット

フラット

平たい形状をしている薄型LANケーブルです。
隙間やカーペットの下に通して配線できますが、ノイズには弱いです。



4 防鼠

ネズミの被害が多い場所での配線を考えて開発されたケーブルです。
トウガラシの辛味成分(カプサイシン)をカプセル化し、外皮に混入しています。
ただし、ネズミの種類や数、ケーブルの布設状況により十分な忌避効果が得られないこともあります。



5 環境配慮型(EM)

難燃性ポリエチレン (FRPE)を使用したケーブルですので、当然ながら難燃性です。
燃焼時に有害物質が発生しないこと、リサイクルしやすいことが特徴です。
なお、環境配慮型でなくても、弊社で販売しているLANケーブルの外皮はすべて非鉛です。



6 細径

通常のLANケーブルより外径が細いケーブルです。
Cat5e単線UTPケーブルの場合、外径は通常5.1〜5.2mmですが、
細径は3.8〜4.7mmになります(メーカーによって違います)。



7 LAP

LAPとはアルミラミネートテープ付PEシースのことで、耐水・耐候性に優れています。
屋外用に使用されるケーブルです。



8 防水

これまでは防滴のケーブルはありましたが、完全防水というわけではありませんでした。
近日、水没に対応したLANケーブルが発売される予定です。
発売され次第、弊社ホームページで発表したいと思います。



<参照>




営業日カレンダー


ネットシステム株式会社

〒201-0004
東京都狛江市岩戸北3-11-7 
(日東綜業工業団地11号館)
TEL.03-5497-7021
FAX.03-5497-7022

営業日 平日.月曜日〜金曜日 
(AM9:00〜PM6:00)
netsystem@ns-jpn.co.jp