本文へスキップ

ネットワーク部材専門の通販サイト

メールでのお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせは03-5497-7021

LAN・光の基礎知識-LAN(メタル)編

第1回: 「LANケーブル」という名称

LANケーブル

*パッチコード


「LANケーブル」

みなさんご存知のことばですが、その意味には注意が必要です。

一般の方が「LANケーブル」と聞いたときは、インターネット用の、
両端にコネクタのついた1〜10mのケーブルを思い浮かべると思います。
しかし、我々の業界では、それは「パッチコード」と呼びます。

両端にコネクタのついていない通信ケーブルが「LANケーブル」なのですが、
実は2種類あります。シールドのない「UTPケーブル(Unshielded Twisted Pair Cable)」と、
シールドのある「STPケーブル(Shielded Twisted Pair Cable)」です。LANケーブルと呼ぶ
ことは少なく、「UTPケーブル」か「STPケーブル」と区別して呼ぶことが多いです。
一般に普及しているのはほとんどがUTPケーブルで、STPケーブルはノイズの多く発生する工場等で使用されます。

ちなみに、200mか300mの箱売りしていることがほとんどです。切断販売できる種類もありますが、
1mあたりの単価は高くなります。


<参照>






営業日カレンダー


ネットシステム株式会社

〒201-0004
東京都狛江市岩戸北3-11-7 
(日東綜業工業団地11号館)
TEL.03-5497-7021
FAX.03-5497-7022

営業日 平日.月曜日〜金曜日 
(AM9:00〜PM6:00)
netsystem@ns-jpn.co.jp